ワケワッカーメ

変わる事を恐れてはいけない(戒め)
ワケワッカーメ TOP  >  2015年06月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久々に学校の先生というものに不満を抱いている。これまで教育機関にいて教師教官及び関係職員に不満があったことは1度しかない。どんな先生であろうとも尊敬し学ぼうという姿勢は少なからず持っていたつもりであった。その1度というのも今の学校に入ってからなので、素人が先生をするとどんなことになるかよく分かっていた。
新学期も2月目を過ぎ、そんな経験もあって薄々この先生はもしかしてと思っていた矢先とうとう腹が立つことが起こった。詳しくは伏せるが、悪いのはオレである。謝りもした。しかし腹が立った。何も怒られてムカついたわけではなく、自分を棚に上げて説教垂れる精神に腹が立った。長年学校で先生をしてきた経験があるにも関わらず、とても先生とは思えない行動の数々に不満を覚えていたのである。人は人の悪いところばかり見つけてしまうもので、一度抱いた不信感はなかなか拭えない。
オレの中でその先生の価値が決まった瞬間であった。

最近愚痴は控えていたけど久々にブチギレそうになるほど頭にきたので思わず書いてしまった。去年の担任が本当の意味で尊敬できる人だったことも大きいかもしれない。

人の価値なんて人の主観でいい。自分が自分を善とみなし社会的に悪を行っていなければ善であろう。つまり取るに足りないものということでこの記事を正当化しておこう。
スポンサーサイト
[ 2015/06/19 01:30 ] 一言 | TB(0) | CM(0)

誰も知らない

誰しも誰かにどのような形であれ何かしらの影響を与え合っている。
それが良いことでも悪いことでも人はそのことを頭に入れておかなくてはならない。情報化社会といわれる現代ではなおさらである。
誰の我侭もきかぬ。誰の自由もあらぬ。
[ 2015/06/09 00:45 ] 一言 | TB(0) | CM(0)
月別アーカイブ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。