FC2ブログ

ワケワッカーメ

自分が何者で、何ができるかを問い続けろ
ワケワッカーメ TOP  >  日記 >  奏でる町の声

奏でる町の声

この町に足を踏み入れて4年以上経ちました。そろそろ5年目というところですが、未だこの町にあまり興味がありません。
いつまでも心が引越しできないようで、東北の魂を深いところにしまいすぎたようです。県はそこそこ好きですよ。
何もなさ過ぎるから何も思いようがないのかもしれない。殆ど住宅街なのですよ。
朝には駅に向かうサラリーマンと、近くに学校があるので登校風景をよく目にします。ゴミの回収に倉庫会社のラジオ体操も。
昼には買い物にいく奥さん達。早退したのかなぜか一人歩く高校生。おばあさんやおじいさんが散歩をしているのも見ます。
夕方には下校する学生に買い物帰りの奥さん達。開き始まる居酒屋。電灯が光り、夕暮れを知らせるメロディがこだまする。
夜には残業帰りのサラリーマンに、飲みの帰りの酔っ払い。何かを告げる救急車のサイレン。これから仕事に行く夜のお仕事の人々。
そしてまた朝が来る……こうして書いてみると日々のサイクルは何と言いますか、「美しさ」を感じますね。外観は美しくもないし、道は狭いし、建築工事が多い町だけれど、人々の生活という点では確かに「輝き」があるように感じます。住宅だらけだからこその「美しさ」が、確かにある。人々の営みを感じられるのです。
最初に興味がないと言いましたが、考えが少し改まりました。よく考えてみないと気が付かないのも少し寂しい気がしますが、この町は美しいです。家族の生活が反映され、人という生き物の鼓動が重なり、まるで町全体が一つの大きな家族のようです。この町にちょっと興味がわきました。
ひょっとしたら、元々興味がなければこんなに周りを見ていないかもしれませんね。

今日もまた子供の声が聞こえます。この町で育つ子は、どんな子になるのかなぁ。
スポンサーサイト
[ 2017/01/29 16:20 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

月別アーカイブ